tiny zoo日誌

cafe tiny zoo(カフェ タイニー・ズー)の のんびり日記 *お店に置いてある絵本の紹介や、日々のこと、 ごはんのことなど…




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

夕凪の街 桜の国 :: 2012/07/10(Tue)

私の中でずっと大切にしている作品なのですが、何となくなかなか記事の書けなかった本を今回ご紹介します。

夕凪

「夕凪の街 桜の国」
こうの史代


たしか初めて読んだのは5年以上前だったと思います。本自体は100ページあまりとそれほど ぶ厚くはないのに、読後しんしんと染み込む内容に思わず何度も読み返してしまい、結局次の夏には広島の平和祈念館まで足を運びました。

夕凪見開き


舞台は原爆が落とされてから10年後の広島。
主人公は、原爆で姉と父を亡くした23才の女性です。
彼女も被爆しましたが大きな外傷はなく、今は母と二人で暮らしながら会社で働いています。

これまで原爆の作品と言うと、「はだしのゲン」が印象的で、原爆が投下された後の悲惨な被害に焦点を当てた作品が多かったように思いますが、「夕凪の街・さくらの国」は、それとは対称的に直接的で悲惨な描写はほとんどありません。
描かれるのは、10年後の広島の、一人の普通の女性の淡々とした日々の生活です。
10年後の広島で、10年前に落とされた原爆が、彼女のその普通の日常生活にどのように影を落とすのかが丁寧に描かれています。

また、第二部・第三部ではその家族たちのその後の人生を見つめ、お話は現代まで続きます。
そんなお話が100ページあまりに詰っているのですが、決してくどくなく、考えを押し付けもせず、作者はただ静かに登場人物たちの生活を見つめています。

一見地味な作品のように思えるかも知れませんが、無理に肩肘を張らずに読める作品だからこそ、作品、そして原爆が落とされたという事実を身近に感じられるように思います。


さて、もう1つ。

風がふくとき
「風が吹くとき」
レイモンド・ブリッグズ


こちらは、もし核戦争が起きたら… というテーマで、イギリスの片田舎に住む老夫婦が主人公の作品です。
核についてよく理解していない夫婦が、新聞や図書館で見た知識を頼りに 核爆弾が落ちた後の田舎の自宅で何とか日々をしのごうとしますが…

なんとこちらの作者は「さむがりやのサンタ」などのコミカルな作品もとても有名なんですよ。
同じ作品を手掛けた作者とは思えないほどテーマも世界観も違っていて、作者の力量を感じます。

「夕凪の街 桜の国」も「風が吹くとき」も、核が私たちの日常生活に及ぼす影響を静かに描いた作品です。

お店の本棚にいつでも置いてありますので、ぜひ手に取ってみてくださいね。

*画像はどれもクリックで拡大できます!

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. まんが
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<おとなと こどもの 絵本の読み聞かせの会 ☆夏の部 | top | マザー・グースのうた>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cafetinyzoo.blog96.fc2.com/tb.php/30-21555b15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。