tiny zoo日誌

cafe tiny zoo(カフェ タイニー・ズー)の のんびり日記 *お店に置いてある絵本の紹介や、日々のこと、 ごはんのことなど…




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

フレデリック ちょっと かわった のねずみの はなし :: 2013/04/17(Wed)

久しぶりにお気に入りの絵本の1つをご紹介いたします♪

フレデリック表紙


レオ=レオーニの「フレデリック」です。
レオ=レオーニというと「あおくん と きいろちゃん」や教科書などでおなじみの「スイミー」などでも有名ですね!


さてさて、あらすじは…

のんびりやの のねずみ、フレデリック。
仲間たちが冬ごもりに備えてわらや食料を集めていても、陽に当たってじっとしています。

フレデリック1


みんなが「どうしてきみは はたらかないの?」と聞くと
「さむくて くらい ふゆの ひのために、ぼくは おひさまの ひかりを あつめてるんだ。」
と言いますが、みんなには働かずにのんびりしているだけのように見えてしまいます。

さて、いよいよ冬ごもりがはじまり、日がたつにつれてだんだん食料も尽きてきて寒さが身にしみます。
そしてみんなはフレデリックに聞きます。
「きみが あつめたものは、いったい どうなったんだい、フレデリック。」

そうして初めてフレデリックは集めたものを披露します。
お日様のあたたかさ、色とりどりのお花、みどりのはっぱ…
ゆたかなことばで暖かい季節の色を語りだします。
目をつむって想像すると、だんだんあたたかくなってきた。 これは魔法かな?

フレデリックさいご


ちょっとだけ とくいげで恥ずかしそうな顔をしたフレデリックが石の上で紅くなっているところでお話が終わります。

フレデリックのとぼけた顔とのねずみたちのかわいらしいしぐさや表情、それにレオ=レオーニの作品の特徴の1つ、切り絵の質感、そしてシンプルなコラージュの組み合わせで豊かな世界ができあがっていてお気に入りの作品です。
ストーリーが教訓めいていないところも素敵です!

そうそう、レオ=レオーニはもともとグラフィックデザイナーだったのですよね。
よりデザイン性の高い作品では「ペツェッティーノ」もおすすめです!
色と形だけで表現されているのに、思わずワクワクしてしまう作品です。
http://www.ehonnavi.net/ehon/4964/%E3%83%9A%E3%83%84%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%8E/


なぜかうちのお店にあるのは旧版のようで、表紙がいま販売されているものと違います。
(古本屋さんの隅で「あれ、何か違うな?」と思いつつたまたま手に取ったのがこちらでした。)
現在発売されているものの表紙はこちら↓の、フレデリックがこちらを向いいるバージョンです。

フレデリック中表紙



また、渋谷のBunkamuraでは今年の6月22日より「レオ・レオニ 絵本のしごと」展があるようですよ!
こちらも楽しみですね。

☆画像はクリックで拡大します
スポンサーサイト
  1. 絵本
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。